【ガヴドロ】ラフィエル「私の愛しい彼氏さん!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 00:07:54.06 ID:8dmwmeDx0




最初は、無理だと思っていたが・・・白羽さんが・・・




ラフィエル「彼氏ですか・・・?別に構いませんよ!」




モブ「えっ!?いいですか・・・?」





ラフィエル「全然構いません!私も彼氏というものを作ってみようと思いましたし・・・」





モブ「ありがとうございます。白羽さん!」





ラフィエル「(この男の人サターニャさんと同じぐらいに面白そうな人ですねぇ・・・(ニヤニヤ)」




モブ「何かお考えでしたか?」




ラフィエル「なんでもありません!ちょっとデートのことを考えました・・・」





モブ「デート!?早くないですか!」





ラフィエル「デートは、遅くても早くても関係ないですよ?(ニッコリ)」




モブ「そ、そうですよね!(かわいい)」




そう・・・ここまではよかったんだ・・・次の日・・・デート当日だった。



※安価ssです。 キャラ崩壊の可能性もあります。
 


響子「わたしのほしいものは」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/31(金) 00:06:57.27 ID:n/U0KpIm0

五十嵐響子ちゃんのSSです 鬱展開なので苦手な人は避けたほうが良いかと

「プロデューサーさんっ、ネクタイ曲がってますよっ」

「お、悪いな響子、ありがとう」

ーー私、五十嵐響子は、誰かに何かをしてあげるのが好き。

ーー特に、大切な人に何かをして喜んでもらえたり、ありがとうって言ってもらえると、幸せな気持ちになる。

「プロデューサーさん、お茶にしますか? コーヒーにしますか?」

「いや、響子もさっきまで収録で疲れてるだろう、少し休んでてくれ」

「いいんですよっ、そのほうがおちつきます」

「そうか......悪いな」

ーーまだまだ新人だけど、だんだん仕事も増えてきている。

ーーもっともっと、いろんなお仕事がしたいな。

「おねーちゃん、テレビ見たよ! すっごくキラキラしてたー!」

「えへへ、ありがとう! 今度帰ったとき、一緒に歌おうね!」

「わーい!!!」

ーーお仕事で疲れていても、テレビ通話で弟たちの屈託のない笑顔を見ると、疲れが吹き飛ぶ。

ーー私は、周りにいる人たちを幸せにしたい。周りの人たちの、笑顔がほしい。

ーーだから私は、明日もアイドルを頑張るんだ。

「五十嵐響子で、「恋のhumburg」でしたー!」

「響子ちゃーん!」「さいこー!」

ステージに向かって大きな歓声が吹く。

決して大きいとは言えない会場だが、今日の響子のライブも大成功だった。

「今日も良かったな。この調子でどんどん売り出していこう」

「はいっ!ありがとうございますっ」

かわいらしい顔、お姉ちゃんキャラ、15歳にしては相当魅力的なスタイル。

アイドル、五十嵐響子の人気は、日に日に上がっていった。

「響子、明日は〇〇局のバラエティ、そのあとはラジオの収録だ。」

「わかりました、お弁当作っていきますね」

「あまり無理はするなよ、昨日も今日も仕事で疲れているだろうに」

「大丈夫ですよっ、プロデューサーさんこそ、あまり夜遅くまで仕事してちゃだめですよっ」

「やれやれ、響子にはかなわないな。」


ーーよし、明日も頑張ろうっ。

朝、響子は起きて弁当を作る。普段よりも高いトーンの鼻歌を奏でながら。

ーープロデューサーさん、喜んでくれるといいな。

「おねーちゃん、今日学校でかけっこのれんしゅうがあるんだー」

「そうなの、頑張ってね、お姉ちゃんもお仕事しながらおうえんしてるね。」

「うん、がんばるー!」

朝のテレビ通話は、もはや日課となっていた。

ーーようし、わたしも今日一日がんばろっ。

「はい、お疲れ様ー、響子ちゃん、よかったねー」

「ありがとうございますっ、おつかれさまでしたっ」

収録を終え、響子は今日も一日頑張ったという満足感に満たされる。
 


善子「もう帰るから!」ルビィ「だめ!!」

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:54:36.19 ID:DN/OJtF/

よしルビ


ジュリア「夢みる歌姫と」千早「ギター少女」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/26(月) 00:08:51.86 ID:28zoD9Qao

ジュリアと千早のSSです。色々な人が出ます。

■目次
プロローグ:初恋と流星群
第一章  :ロコ、思うままに
第二章  :消えたギターと墓参り
第三章  :アイ・オブ・ザ・タイガー
第四章  :オールドホイッスル
エピローグ:アディオス
 


穂乃果「・・・」コクリ コクリ ことり「じ~~」

1: 名無しで叶える物語(神宮) 2016/12/31(土) 22:14:43.88 ID:ZYoFhGcm

穂乃果「・・・」コクリ コクリ

ことり「じ~♪」

穂乃果「・・・」

穂乃果「スピーZzz」

ことり(かわいい♪)ジー


アルジュナ「んぐっ!?んんんんん!???……かっ……!っか……!!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/07(土) 10:16:27.22 ID:uLgoUIRwo

ぐだ男「おいどうしたアルジュナ!!」

アルジュナ「かっ……!っ……!!」

ぐだ男「アルジュナ!?」

カルナ「もしかしてだが、このお餅がのどに詰まったのではないか」

ぐだ男「そうなのか?アルジュナ」

アルジュナ「っ………!!っ……!!」コクコク

ぐだ男「おい!そうなのかアルジュナ?モチが喉に詰まったのか!?」

アルジュナ「んくっ……かっ……!!」コクコク

ぐだ男「くそっ、全然わかんねえ!!」

 


【艦これ】北上「提督は……、外で素振り中か」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/11(水) 09:04:19.52 ID:APLi78MYo


提督「ブォン、ブォン」(ガッツのバッティングフォームで)

北上「相変わらずスイングスピード速いねぇ」

北上「明日が鎮守府対抗草野球大会の決勝だからって気合い入ってるねぇ」

北上「その隙に北上さんは提督の部屋からいい酒をギンバイですよー」

北上「単装砲ダウジングによると……」

北上「おおっ反応が……。でも弱いから別のところ……」

北上「おおこれは強い反応が……、提督の冷蔵庫をご開帳……」

北上「何か高そうなビールが並んでるねぇ、いいねぇしびれるねぇ……」

北上「クーラーボックスに高そうなのを詰めて、と……」

北上「日本酒ウイスキー棚は他の子のもあるから止めとこう。大淀っちの山崎コレクションとか、
   盗んだらブーベ島泊地に転属させられそうだし」

北上「あーでもこれ確か元帥閣下からもらったとか言ってたやつだっけ、これはセーフかな」

北上「いやぁナイスハント! 龍驤さんも喜ぶだろうなぁ」

北上「あんないい娘放っておくのは北上さんもよくないと思いますよ~」

北上「ホワイト提督だけど仕事人間はよくないよね~」

北上「では退散、ドロン……」
 


雪歩「ぼ~」P「よしッ!お前らいけッ!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 20:29:23.18 ID:LJ/uXTfG0

雪歩「えっ……?」

ガチャ

やよい「……」

雪歩「やよいちゃん……?」

やよい「……んっ」

チュッ



真姫「授業が終わったわね。スクフェスの時間よ!」


1 : ◆tcaJsO3Omk :2014/07/10(木) 14:12:02.44

ラブライブスクールアイドルフェスティバルを真姫がプレイするSSです。

スクフェス未経験者にはちょっと分かり辛い単語が出るかも

たまに重度のキャラ崩壊があります

真姫は基本的にずっと崩壊してます

一部作者自身の体験が混ざってたりします

時期的には、絵里SIDイベント開催中からのスタートって設定です



それでも良い方は見ていってください




ほむら「鹿目さん、これから一緒に頑張ろうねっ!」


1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/11(金) 19:51:40.34

キュゥべえ「暁美ほむら、君のその祈りの為に魂をかけられるかい? 戦いのさだめを受け入れてまで叶えたい望みが

      あるのならば僕が力になってあげるよ」



ほむら「……あなたと契約すればどんな願いも叶えられるの?」



キュゥべえ「そうとも、君にはその資格がありそうだ。……さあ、聞かせてごらん。君はどんな願いでソウルジェムを

      輝かせるのかい?」



ほむら「私、鹿目さんとの出会いをやり直したい……」













ほむら「ただし、鹿目さんも記憶持ち越しで」




希「希ちゃんはスピリチュアルなのだ!」


1 : ◆tcrNvccNtw :2014/07/08(火) 19:10:37.04



穂乃果「穂乃果は鈍感じゃないもん!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1404470221/



今回はのんたんです

無くなったスピリチュアルパワーをのんたんがいろいろやって集める話

安価はスピリチュアルっぽいものをお願いします



0から初めて100まで貯まったら終わり

コンマが偶数ならその分だけ上昇します

例.38なら8上昇 85なら5減少



このスレはスピリチュアルになるはず

それでは今回もお付き合いお願いします






【FateGO】【追記・再掲】AM緊急メンテナンスのお知らせ(2/10 19:30実施)

真美「兄ちゃん!」 ウルトラマンレオ「真美」


1 :Lumberjack :2014/07/14(月) 19:43:22.10

やよい「プロデューサー!!」 ウルトラマン「やよい」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1402325312/



伊織「プロデューサー!」 ウルトラセブン「伊織」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1402492778/



千早「プロデューサー」 ウルトラマンジャック「千早」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1402829763/



涼「プロデューサー?」 ウルトラマンA「おう、よろしくな!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1404106347/



愛「ひだかダイナマイトー!!!」 ウルトラマンタロウ「ウルトラダイナマイトー!!!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1404703316/



アイマスとウルトラマンのクロスです




男「つかまえました」 幼馴染み「つかまりました」


1 : :2012/01/30(月) 20:59:26

幼馴染み「これからどうされてしまうのでしょうか」



男「さあどうしてやろうかな」



幼馴染み「なんも考えずに羽交い締めにしたのかてめー」ジタバタ



男「ふふふ」




紅莉栖「あ、おはようございます。凶真さん」

1: ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz 2014/10/11(土) 19:55:53.29 ID:bVWNLK/00

――――未来ガジェット研究所


岡部「――フゥーハハハ!! この、狂気のマァッドサイエンティスト……鳳凰院凶真にかかれば、こんなものっ!!」


紅莉栖「はいはい、で? こっからどう反撃してくるのかしら?」


岡部「……………………」

スッ

岡部「――なんだ、どうしたっ!? なにっ!? そうか、機関の手がもうそこまで伸びているのだな……。待っていろ! すぐに向かう!」スクッ


紅莉栖「ちょ、ちょっと岡部! どこ行くのよ!?」


岡部「すまんな、助手よ。急用ができてしまった……」


紅莉栖「なっ! 逃げるのはいいけど、負けとして私の分のドクペ買ってきなさいよ!?」


岡部「うぐっ……。――フゥーハハハ! 仕方ないな、そんな卑怯な手を使ってまで、俺の負けということにしたいのなら、そう思っているがいい! ……運が良かったな、クリスティーナよっ!」


紅莉栖「ティーナは余計だっていっとろうが! それに、そこまで言うなら、早く逆転して見なさいよ!」


岡部「――くっ、もう、時間が、ない……か。さらばだっ、クリスティーナ!」ダッシュ


紅莉栖「あっ、逃げ――」

ガチャバタン


紅莉栖「もー、岡部のやつ……」フンッ


まゆり「今日のオカリンもいつも通りだね~」


ダル「まぁまぁ、牧瀬氏。そういって、いつもオカリンはちゃんとドクペ買ってくるんだから、我慢するべきだお」


まゆり「そういうところは、オカリンって真面目さんだね」


紅莉栖「でも! なんか、さっき私が負けたみたいになってるじゃない! それが気に入らないのっ!」


ダル「まぁ、オカリンと勝負したら、そうなるなんてわかってたことだし……」


まゆり「しょうがないね~」


紅莉栖「あぁ、もう! どうにかして、岡部を敗北感でいっぱいにできないかしら……」



――――俺のことは、鳳凰院凶真と呼べッ!!



紅莉栖「……………そうだ」ハッ


ダル「ん? どしたん牧瀬氏?」


まゆり「なにか、閃いたような顔だね~」


紅莉栖「ねぇ、ちょっといいかしら――」