魔界神「なにこれ」四天王(水)「辞表ですが」

1: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:13:59.20 ID:05exMdu/o

魔界神「!?」


四天王(水)「本日限りでこの魔界を抜けさせてもらいます。退職届か迷ったのですが、こちらの方が分かりやすいと思ったので」

四天王(水)「長い間、お世話になりました。では」スタスタ


魔界神「えっ!?ちょっと!?待って!」


四天王(水)「嫌です、待ちません」スタスタ 


2: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:14:29.11 ID:05exMdu/o

魔界神「ま、待ってぇ!何で急に辞めるとか言い出すのぉ!!!」ズルズル


四天王(水)「足を掴まないで下さい。邪魔くさい」


魔界神「事情くらい話してよぉ!!!何も言わずに去るなんて冷たいよぉ!!!!」ズルズル


四天王(水)「...」ピタッ

四天王(水)「本当に理由が分かりませんか?」


魔界神「分かんないから聞いてるんだよぉ!!!!」バタバタ


四天王(水)「...」


3: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:15:33.69 ID:05exMdu/o

四天王(水)「もういいです、魔界神様には付き合ってられません。さようなら」スタスタ


魔界神「ちょっ!?今、話す雰囲気だったよね!?なんで帰ろうとするの!?」



四天王(火)「さっきからうるせぇぞ。朝っぱらから一体何の騒ぎだ」



魔界神「あっ!火属性!聞いて聞いて!水属性が急に魔界辞めるとか言い出したの!頭おかしくない?」



四天王(水)「...」



四天王(火)「ほう...そうか」

四天王(火)「辞めちまえ辞めちまえ、やっと邪魔くさいメスが消えるからな。いい気味だ」シッシ


4: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:16:48.45 ID:05exMdu/o

魔界神「はぁっ!?なんでそんなこと言うの!?四天王の仲間が抜けるんだよ!空気読んで止めろよ!」


四天王(火)「前々からそのメスは気に入らなかったからな。自分から消えてくれるなら万々歳だ」

四天王(火)「さっさと出て行って野垂れ死にな」


四天王(水)「...相変わらず口だけは達者ですね。炎を出すことしか出来ない能無しの癖に」

四天王(水)「今度は炎だけじゃなくて、貴方の存在ごと消してもいいんですよ?」


四天王(火)「...あ?戦るか?」ピクッ


四天王(水)「いいですよ。最後にどちらが強者か思い知らせてあげますよ」スッ


5: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:17:35.42 ID:05exMdu/o

魔界神「ストッープ!もうそうやってすぐ喧嘩しようとする!野良猫かおのれらは!」

魔界神「あっ、分かった!もしかして辞める原因は火属性?なら私からも言っておくから...」



四天王(水)「違いますよ、五分の一くらいの原因はそいつにありますけど」



四天王(火)「ケッ」


魔界神「じゃあ何なの...どこかここの生活に不安があるの?」

魔界神「確かにあんまり広い城とは言えないけどさぁ...生活には困らないし私は結構気に入ってるよ?住めば都の魔界城って言うし」



四天王(水)「...ひとつ、訂正させて下さい。先ほど魔界神様はここを城と言いましたが」


6: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:18:20.66 ID:05exMdu/o





四天王(水)「ここは城じゃありません、ビルです。全長30メートルの、どこにでもある普通のビルです」



魔界神「いや確かにそうだけどさ、今更んな分かりきったこと言わなくても」





7: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:19:35.54 ID:05exMdu/o

四天王(水)「いいえ、大事なことです。ビルと城じゃ天と地ほどの差があります」



魔界神「だって今の人間界の城って高いんだよ?それなりの物だと軽く数十億かかるし...」

魔界神「魔界にそんだけの資産はないからねぇ、ここの土地を買うのだってそこそこの痛手だったし」

魔界神「いやはや、まさか魔界の空間自体が天変地異でなくなって、人間界のビルに移住するとは...本当に災害って何が起こるか分かんないよね」


四天王(火)「今更何言ってんだかダボが」



四天王(水)「このビルに不満があるってわけじゃありません。確か少しどうかと思いますが、内部の空間は拡張してそこそこ広くはなってますからね」

四天王(水)「私が言いたいのは...もっと別のことです」



魔界神「えー別ってなに?分かんない」ブー


8: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:20:51.69 ID:05exMdu/o

四天王(水)「...火属性、貴方も薄々感じているのではないですか?この状況を」

四天王(火)「...」

四天王(水)「悪いですが、私は先に抜けさせて貰いますよ。沈んだ泥船と一緒に心中なんてゴメンですから」


魔界神「勝手に意味深な会話して話進めるなよぉ!!!!分かるように説明しろよぉ!!!!」ゴロゴロ


四天王(水)「はぁ...分かりました。最後ですし、魔界神様にも理解出来るように、分かりやすく正直に言います」

四天王(水)「...ここ、全然魔界らしくないです。こんなアホらしいところに居ると、こっちまでアホになるので辞めます」



魔界神「えっ!?アホっ!?どこがっ!?」ガーン


9: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:21:51.40 ID:05exMdu/o

魔界神「どこがアホなのか言ってみろよ!返答次第じゃ、仏の魔界神も怒るぞ!」


四天王(水)「...」

四天王(火)「...」


魔界神「どうして辞めるんだよおおおおおおおお!!!!せっかくみんな仲良くしてるのにいいいいいいい!!!!」ジタバタ


四天王(水)「...貴方も一緒に抜けますか?」

四天王(火)「...検討する」



魔王「あ、あの...どうしたんですか?朝から騒がしいですけど」


10: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:22:48.10 ID:05exMdu/o

魔界神「あっ!魔王聞いてよ!水属性のやつが魔界辞めるとか言い出したんだよ!?気が狂ってない?」


魔王「えっ...ほ、本当ですか?」


四天王(水)「はい、今日で辞めます。いい加減うんざりしてたので」


魔王「そ、それはちょっと困るなぁ。水属性さんの水って料理とか洗濯に使えるから重宝してたのに...」

魔王「あっ、最後に水だけ1トンくらい貰っていい?」



四天王(水)「...」



魔界神「あー...確かにもうあの水が飲めないのは嫌だな。風呂上がりに、あれを水割りで飲むのが最高なのに」

四天王(火)「あぁ、それは俺も困る、今日の晩飯はシチューだからな。最後に水だけ寄越せ」


11: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:23:20.67 ID:05exMdu/o





四天王(水)「...だからここが嫌なんですよ!!!!!!!」ドンッ




魔界神「」ビクッ

魔王「」ビクッ

四天王(火)「」ビクッ






12: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:24:21.16 ID:05exMdu/o

四天王(水)「何ですか?組織の幹部が抜けるのに、心配なのが料理だの洗濯だの!主婦ですか!」

四天王(水)「魔王様!貴方は少しは貫禄を付けて下さいよ!ただでさえ魔界のトップがこんな奴なのに!」ビシッ



魔界神「こんなやつって...一応代々魔界を守って来た神様なのに...」シュン



四天王(水)「というか魔界の神がいるなら王なんていらないじゃないですか!色々被ってるんですよ!!!!」



魔界神「いや私はあくまで神って立場だからね。引退したOBみたいなもんだから」ホジホジ

魔王「...って感じらしいです」



四天王(水)「んなもん知るか!!!!」ドンガラガッシャーン


13: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:25:57.94 ID:05exMdu/o

四天王(水)「こんなやつらがトップなら、そりゃ魔界も没落しますよ!まともなのは私一人だけじゃないですか!」


四天王(火)「おい、俺をこいつらと一緒にするな」

魔界神「ちょっと火属性、陰でコソコソ言うならいいけど、上司の目の前でこいつ呼ばわりはやめて。神でも傷付くから」



四天王(水)「貴方も変わりませんよ!今まで我慢して突っ込みませんでしたけどね、何でエプロン姿なんですか!気色悪いんですよ!!!!」



四天王(火)「晩飯の仕込み中にお前らが騒いでたんだから仕方ないだろうが、文句言うならテメェの分は作らねぇぞ」



四天王(水)「もう抜けるからいらないですよ!!!!!」


14: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:26:45.23 ID:05exMdu/o

魔王「で、でも朝はちゃんと食べた方がいいよ?そうしないとエネルギー効率が...」



四天王(水)「ええい、うるさい!魔王のくせに部下の心配をするな!もっと偉そうに、冷徹に、恐怖で支配する感じにして下さいよ!」

四天王(水)「その怖い顔は何の為にあるんですか!!!!」



魔王「こ、怖い顔って...き、気にしてるのに」シクシク

魔界神「あー水属性が魔王を泣かしたーいけないんだー」



四天王(水)「じゃかあしいっっ!!!!このアホ共が!!!!」

四天王(水)「言っておきますけどね、不満はまだまだあるんですからね!こんなのまだ序の口ですよ!!」


15: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:27:53.63 ID:05exMdu/o

魔界神「え?まだあるの?もう終わりかと思ってたのに」


四天王(水)「ありますよ!!!全部言うと日が沈むくらいはね!」

四天王(水)「そもそも四天王のメンバーがおかしいんですよ!私と一応、そこの火属性はまあ良しとします。でも他の人選が明らかに適当なんですよ!!!」



四天王(火)「一応ってなんだよ、燃やすぞ」

魔界神「えー...個人的には最高の四天王だと思うんだけどなぁ。火水土風で綺麗に属性が揃ってるし」



四天王(水)「まず土属性って何ですか?土で攻撃するんですか?モグラか!」

四天王(水)「地面がコンクリートだと何の役にも立たない属性じゃないですか!もっと近代的な言い方はないんですか!」


16: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:28:44.62 ID:05exMdu/o

魔界神「い、いや本人が粘土で出来てるから土属性ってだけだし...別にそういう攻撃方法は使わないけど」


四天王(水)「じゃあ土なんて単語使わないで下さいよ!!土属性なんて聞いたら、大体みんな土を使って攻撃すると思います」

四天王(水)「で、いざ戦ったら土は使わない?詐欺じゃないですか!!!!もっと別の言葉使えよ!」



魔界神「そ、そんなこと言われても...」



四天王(水)「こんだけ言いましたけどね、ぶっちゃけ土とかどうでもいいんです。本人が一番問題です」

四天王(水)「あのポンコツ人形は絶対クビにした方がいいです。私はここを去りますから、もう関係ないですけど」


17: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:29:33.74 ID:05exMdu/o

魔界神「そういうことあんまり土属性の前では言っちゃ駄目だよ。あの子傷付きやすい性格だし」


四天王(水)「性格もクソもないでしょうが!だってアレ、魔界神様が適当に粘土で遊んでたら、魔力が粘土に染み込んで動いただけじゃないですか!」

四天王(水)「言うなればもう一人の魔界神様ですよ!!!!責任取って元の粘土細工に戻してください!!!!」


魔界神「えぇ~...でも戦闘力ならぶっちゃけ四天王の中で一番だよ?」

魔界神「耐久力だって10回刺さないと死なないから『THE・フジミ』って呼ばれてるくらいだし」


四天王(水)「そりゃ力はありますよ。だって魔界の神の魔力を持ってますもん」

四天王(水)「でもね、私が言いたいことはそういうことじゃないんです...明らかにチームワークを乱してて浮いてるんですよ!!!私なんてこの前すれ違った時に」


18: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:30:18.15 ID:05exMdu/o

四天王(土)『おはようございます。マグナムダイナマイト』




四天王(水)「マグナムダイナマイトって誰ですか!?しかもあいつ私の胸見て言ってきたんですよ!?明らかにセクハラですよ!!!!」

四天王(水)「他にもミサイル横丁とかケツサンシャインとかデカパイギャル祭りとか呼んでくるんですけど!!!!」




四天王(火)「クククッ...マグナムダイナマイト...あの貧相な身体で...ククッ...」ププッ

魔界神「ちょ、笑っちゃ...ぷっ」

魔王「...ふっ」クスッ




四天王(水)「」ブチッ


19: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:31:00.22 ID:05exMdu/o

四天王(火)『ぼぼがらだぜええええええええええ!!!!!!』ブクブク



四天王(水)「そこで溺死してなさい」

四天王(水)「ということで、あのセクハラ大王が居る限り、私が戻ってくることはありませんので」



魔界神「って言われてもねぇ...あの子ってまだ精神的には子供だし、吸収した言葉は何でも言っちゃう癖があるからこればっかりはどうしようも」

魔王「それに肉体派の仕事を任せられる貴重な人材ですし、今さら脱退させるのも可哀想というか...」



四天王(水)「なに魔界の神と魔界の王が人形に情湧いてるんですか!!!!!あぁきっしょく悪いなぁ!!!!鏡見てこいよ!!!!」


20: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:31:57.19 ID:05exMdu/o

四天王(水)「ぜぇ...ぜぇ...叫び過ぎて喉渇いて来ましたよまったく...」

魔界神「今日はよく喋るねぇ、普段はクール系のキャラなのに」

四天王(水)「誰のせいだと思ってるんですか...ドタマかち割りますよ」



コンコン



魔王「あ、どうぞ」



四天王(風)「失礼しまーす。社長、1階の暖房直しておきましたよ」ガチャ

四天王(風)「後はどこが壊れてるんすか?」



魔界神「おぉ!ありがとう風属性!じゃあ次は3階の777号室に行ってくれる?」

魔界神「そこの部屋の人のこたつの調子が悪いらしいから、お願い」


21: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:32:45.68 ID:05exMdu/o

四天王(風)「うぃーっす。じゃあ見てきますねー」


バタン



魔王「いやぁ、スゴいですよねぇ...風属性さんって。どんな電化製品でもすぐ直せるんですもん」

魔界神「さすが電気屋の娘だよね、やっぱりそこら辺の大手の店より個人経営の方がレベル高いよ」



四天王(水)「...」



魔界神「あの子をスカウトして正解だったわ。最初に扇風機を直してもらった時にビビッと来たんだよね」

魔界神「あ、こいつ出来るなって。魔界の住人って乱暴なやつが多いから、もう本当大助かりだよ」

魔王「さすが魔界神様」


22: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:33:12.94 ID:05exMdu/o





四天王(水)「普通の人間じゃねえかっ!!!!!!ついでに風属性でもないわっっっ!!!!!!!」




魔界神「」ビクッ

魔王「」ビクッ



四天王(火)「」プカー


23: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:34:08.29 ID:05exMdu/o

四天王(水)「もう意味不明ですよ!普通の人間で電気屋の娘が魔界の四天王の風属性って!」

四天王(水)「しかもどちらかと言うとあれ雷属性じゃないんですかっ!?風要素どこだよっ!?」



魔界神「さ、最初は扇風機直してもらったし...」



四天王(水)「知らねぇよ!!!!属性ぐらいちゃんと統一して決めろ!!!!!」

四天王(水)「うぅ...なんなんですか...土は一万歩譲るとして、風属性があれって...」

四天王(水)「四天王である意味ないですよもう...三柱とか三魔に変えてくださいよ...」



魔界神「だって奇数って何か気持ち悪いし」



四天王(水)「おめえの悪人面の図体と顔の方がキモいわ!!!!!このハゲ!!!!!」


24: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:35:21.09 ID:05exMdu/o

魔界神「ハゲてないのにハゲって言われた...」ズーン

魔王「ま、魔界神様、元気出してください。私の顔の方が怖いですから」

魔界神「部下に負けてるのもそれはそれでショック」ズーン

魔王「えぇ...」



四天王(水)「それに話を聞くと、あの娘!ここのビルのことを普通の会社だと思ってるみたいじゃないですか!!」

四天王(水)「どんだけアホなんだよ!?こんなマヌケから"マ"を取ったヌケが社長なわけないだろ!!!!」



魔界神「魔界の最高神なのに...」



四天王(水)「料理馬鹿に頭がバクッてる土人形に何も知らない電気屋の娘!これが今の魔界の幹部ですよ!!!!私以外馬鹿しか居ないじゃないですか!このバカ!」

四天王(水)「お先真っ暗もいいところです!!!!こんなんじゃ魔界復興なんて一億万年かかっても無理ですよ!!!!」


25: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:36:41.08 ID:05exMdu/o

四天王(水)「かつては人間界、魔界、神界の三界と呼ばれてたのにこの体たらく!神界の天使達も泣いてますよ!!!!」

四天王(水)「...私だって、泣きたいぐらいですよ...本当にどうしてこんなことに...」



魔界神「...あのさ、今までの話聞いてちょっと聞きたいことがあるんだけど」

魔界神「結局水属性はどうしたいの?この世界を滅ぼして侵略したいの?人とか殺したいわけ?」



四天王(水)「...」



魔界神「...私や魔王はそういうのはもうあんまり好きじゃないんだけどな。だって今の世の中って平和だし、もうあの頃の時代とは違うんだし」

魔王「...」

魔界神「こういう魔界があっても、別にいいと思うんだ」


魔界神「てっきり水属性も私達と同じこと感じてると思ってたんだけど、違う?」


26: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:37:36.50 ID:05exMdu/o

四天王(水)「...」

四天王(水)「わ、私は...ただ...」



魔界神「ただ?」



四天王(水)「...昔の魔界に憧れているだけです。神々を敵に回し、地上の7割も支配したあの魔界の伝説を」

四天王(水)「子供の頃からの夢でした...毎日絵本で魔界神の活躍や、その配下の魔王を見て...この人達と一緒に戦いたいと」

四天王(水)「やっと...やっと、私の実力が認められて、あなた方の部下になれた時は嬉しかったんです...その時にはもう全盛期の勢いの半分以下にまでに落ち込んでいましたけど、夢が叶ったんですから...」



魔界神「...」

魔王「...」


27: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:38:48.22 ID:05exMdu/o

四天王(水)「しかしそのすぐに空間の崩壊が始まって...気付けば魔界はこんなビルに」

四天王(水)「...私だって今の生活は楽しいです...でも」

四天王(水)「闘争を求めるのが魔族の性、ぬるま湯に浸かりきった魔界神様や魔王様を見ると...何かが壊れるんです。ずっと想ってた何かが」



魔界神「水属性...」



四天王(水)「...ごめんなさい、結局は私の独り善がりのワガママです。こんなことで四天王を辞めて本当に申し訳ありません」

四天王(水)「...では行きます、今までお世話になりました」ペコリ



スタスタ


バタン


28: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:39:32.40 ID:05exMdu/o

魔界神「...」


魔王「ま、魔界神様...いいんですか?追いかけなくても」


魔界神「いや、いい。去って行く者を追うほど、私も落ちぶれてはいない」

魔界神「...魔王よ、私は...私達は...これで本当に良かったんだろうか。領地も失い、部下にも見捨てられ、これで...」


魔王「...」


魔界神「...今、成すべきことは一つか」








魔界神「水属性抜けちゃったし、新しい四天王を探すかぁ!」

魔王「」


29: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:40:36.59 ID:05exMdu/o

..............................................................
................................................



魔界神「はい、ということで新四天王の面接を始めようと思います!」

魔王「うぅっ...これで本当にいいんでしょうか」

四天王(火)「チッ、何で俺まで...もうすぐバイトの時間なんだが」


魔界神「現役四天王の意見も聞きたいからね。まあすぐ終わるって」


四天王(火)「新しい奴なら適当に魔界に属してる堕天使とか死神でいいじゃねえか」

四天王(火)「あと神のクローンとか、かつて神界を滅ぼした黒龍の子供とかも居たろ。こいつらなら実力的にも充分だと思うが」


30: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:41:21.87 ID:05exMdu/o

魔界神「あーうん、確かに居るけどさぁ」

魔界神「その人達って、あんまり属性技使わないからねぇ...今回はそういうコンセプトだしパスで」


四天王(火)「今更何言ってんだか...」


魔界神「はい、じゃあ1番の人!どうぞ!」



ガチャ




サキュバス「あ、あの...ど、どうも...サキュバスです」モジモジ




四天王(火)(めんどくさそうなやつだな、おい)


31: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:42:14.52 ID:05exMdu/o

魔界神「ふむふむ...種族はサキュバスですか。得意技は何ですか?」


サキュバス「あ、はい...魅了一級の資格持ってます...」


魔界神「おぉ!一級とはすごい!どんな相手でも発情してカクカクするレベルじゃないですか!」

四天王(火)(んな奴が同僚に居たら気まずいわ)

魔界神「あー...でも大丈夫ですか?うちの四天王は今のところ、女性一人に男性一人に性別不明が一人で、男の人が職場に居るってのは少しやりづらいのでは?」



サキュバス「あ、はい...それなら大丈夫です。ボクも男なので」



魔界神「」ブッ

魔王「」ブッ

四天王(火)「」ブッ


32: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:43:07.49 ID:05exMdu/o

魔界神「ゲホッ!ゲホッ!え、えぇ?い、今なんて...」


サキュバス「性別は男なので、問題ないです。むしろ女の人が怖いというか...」


魔王「あ、あの...男の人の場合はインキュバスの方ではないんですか?サキュバスじゃなくて」


サキュバス「それが...自分でも分からないんですけど、サキュバスらしいです。姉達にもよくその事でからかわれてて...」



魔界神「...」

魔界神「...アリ?ナシ?」ボソッ


四天王(火)(ナシに決まってんだろうがッ!!!!!)


33: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:43:55.14 ID:05exMdu/o

四天王(火)(男のサキュバスと一緒に四天王なんて出来るわけねぇだろ!間違いが起きたらどうすんだよ!)

魔界神(間違いって...火属性ってそっちのケがあるの?)

四天王(火)(物の例えだよッ!燃やすぞッッッ!!!!!!)



魔界神「あーっ...はい、分かりましたっと...結果はまた後日お知らせしますので。今日はお気を付けてお帰り下さい」



サキュバス「はい...ありがとうございました...」ペコリ




魔界神「最初からとんでもないスタートダッシュだった」

魔王「ですね」

四天王(火)「まったくだ」


34: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:44:45.58 ID:05exMdu/o

魔界神「では次の方、どうぞ」



ガチャ



女神「...」スッ

女神「よろしくお願いします」ニコッ



魔界神(おっ、めちゃんこ美人)

魔界神「えー...ではまず種族はどちらですか」



女神「はい、以前は泉の女神をやっていました」



魔界神「泉の女神って言うと、あの銀とか金に変えるアレですか?」



女神「そうですね、正直者には金と銀をあげるとかいう現実にあったらまず誰も引っ掛からないアレです」


35: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:45:46.35 ID:05exMdu/o

魔界神「へぇ~どうして辞めちゃったんです?結構楽そうな仕事なのに」


女神「...私の噂を嗅ぎ付けた村人達が、泉に手当たり次第に物を不法投棄し出しまして」

女神「トラクターからチェーンソーまで...とてもあの中では生活出来なくなってしまったので、廃業になってしまったんです」シクシク



魔王(大変だなぁ...)

四天王(火)(このご時世に村人ってこいつどこに住んでたんだよ)


魔界神「それはお気の毒に、ではなぜ泉の女神から魔界の四天王に?それだけの力があるなら、神界の方にも受け入れられると思いますが」



女神「実は私、神界から逃げてきたんです」



魔界神「」ブッ

魔王「」ブッ

四天王(火)「」ブッ


36: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:46:41.38 ID:05exMdu/o

魔界神「えっ...ちょ、ど、どういう意味ですか?逃げてきたって」



女神「あそこは世間一般では神が統治し、この世界を管理している場所と思われていますが、現実は違います」

女神「実際は多数の天使や女神がタダ働きで重労働されている場所なんです。もうブラックって言葉を通り越して、ダークな領域です」

女神「私はその仕事に耐えきれなくて...何とか監視の目をすり抜けて逃げてきたんです」シクシク



魔界神(ど、どう思う?これ...)

魔王(私は神界に行ったことがないから知らないですし...魔界神様の方が詳しいんじゃないですか?)

魔界神(いや確かにきついとは思うけどさぁ、そこまでじゃないと思うんだよね...ケアとかも充実してるし)


四天王(火)(単にアイツがサボり癖があるってだけじゃねえの)


37: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:48:13.07 ID:05exMdu/o

魔界神(......)

魔王(......)


四天王(火)(そもそも泉から逃げてきたって話もどうかと思うぞ。物が投げ込まれるなら掃除すればいいだけの話だろ、そんなの)

四天王(火)(俺にはアイツが単にめんどくさがり屋でサボり魔の女神にしか見えん)


魔王(い、言われてみるとそうですけど)

魔界神(...ちょっと試してみるか)



魔界神「へ~...大変だったんですね。でも大丈夫ですか?魔界も結構きついですよ」



女神「えっ」


38: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:49:03.86 ID:05exMdu/o

魔界神「幹部と言っても、魔界は人材不足ですからね。雑用は交代制になっています」

魔界神「毎週水曜日に、このビルの清掃やその他諸々をしてもらうことになりますけど、それでもいいですか?」



女神「せ、清掃って...ここ全部ですか?」キョロキョロ



魔界神「はい、そうです。十階建てのこのビル全部です」



女神「...」

女神「あっ、すみません。急用を思い出しました!では私はこれで!」シュンッ



魔界神「...」

魔王「...」

四天王(火)「ほら言ったろ」


39: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:50:00.14 ID:05exMdu/o

魔界神「あ、あぶねぇ...優良物件かと思ったらとんだ地雷だった」

魔王「週に一度のことでもめんどくさがるって、毎日ある幹部会議は絶対出てこないですよ」


四天王(火)「今の魔界に入ろうとしてくるやつなんて、よっぽどのワケ有りに決まってんだろ。普通のヤツは来ねぇよ」


魔界神「...ハァ、水属性が居たらこんなことしなくてもいいのになぁ。あの子は本当によく仕事してくれたのに」

魔王「惜しいですよねぇ...私も水属性さんには頼ってるところもありましたし」

魔界神「帰ってこねぇかなぁ」



四天王(火)「...」


40: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:50:51.78 ID:05exMdu/o

...............................................................
.............................................



魔界神「うーん...いい人材が中々ないな」

魔王「次の人で希望者は最後みたいですよ」

魔界神「え、マジ?このままだとまさかの全落ちになりそうなんだけど...最後に期待するしかないのかぁ...」


四天王(火)「どうでもいいから早くしてくれ、あと10分で出ないとバイトに間に合わん」


魔界神「はーい!最後の方どうぞ!」





ガチャ



竜娘「おう!」


41: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:51:47.06 ID:05exMdu/o

魔界神「えーっと...種族の方は」



竜娘「龍だ!今はとある理由でこんな姿だがな!」

竜娘「ほら、尻尾と翼もあるぞ!」バサッ



魔界神「ほう...龍ですか」


魔界神(悪くないんじゃないの?龍ならそれなりの強さは保証されてるし、ちょっと馬鹿そうだけど)

魔王(性格も裏があるとは思えませんし、いいと思います)

四天王(火)(俺もいいと思うぞ。扱いやすい馬鹿っぽいしな)



魔界神「えー...ではなぜ魔界の四天王に?」


42: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:52:31.27 ID:05exMdu/o

竜娘「カネだ!給料がいいからここに来た!」



魔界神(あ、馬鹿だこいつ)

魔王(お馬鹿ですね)

四天王(火)(馬鹿だな)



四天王(火)(...ん?ちょっと待て、給料って何の話だ。俺は一度も貰ったことないぞ)

魔界神(あーそれ、釣るための餌だから。雇うのは風属性でいっぱいだからね、本当は給料なんて一銭も出ないよ)

四天王(火)(そういうところだけはキッチリしてんなオイ)



魔界神「何か得意な技ってありますか?氷とか雷とか」



竜娘「火が吐けるぞ!」ゴォォ


43: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:53:23.06 ID:05exMdu/o

魔界神「...被ってるな」

魔界神「ほ、他に何か使えたりします?」



竜娘「つかえない」



魔界神「...」

魔王「...」


魔界神(だ、駄目か...いいところまでは行ったんだけど)

四天王(火)(別にいいんじゃねえの、アイツで)

魔界神(え?いいの?被ってるのに?)

四天王(火)(龍属性ってことにすればいいだろ。もう他に残ってないしな)

魔王(私も悪くないと思います)


魔界神(うーん...確かにそうだけど...でもなぁ...うーん...)


44: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:54:14.82 ID:05exMdu/o

魔界神「ああんもう!じゃあいいや!はい合格!新四天王決定!」



竜娘「よっしゃ!」グッ



四天王(火)「終わったな、じゃあ俺は行くぞ」スタスタ



魔界神「いやーおめでと、おめでと。どう?四天王になった感想は」

竜娘「給料はいつ貰えるんだ!?」

魔界神「ははっ、元気があってよろしい。さっ、こっちの部屋に行こうか。歓迎会と行こうじゃないか」

竜娘「給料はいつ貰えるんだ!?」


魔王「魔界神様...あんまり出前とか頼み過ぎて無駄遣いはしないでくださいね」


45: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:54:55.61 ID:05exMdu/o

~~~~ かき氷屋 ~~~~



四天王(水)「...」


雪女「水属性さん」


四天王(水)「...」


雪女「水属性さん?」


四天王(水)「...は、はいっ!?な、何でしょうか」


雪女「どうしたんですか?ボーッとして、いつもの水属性さんらしくないです」

雪女「氷が切れていたので、新しい水を用意してもらってもいいですか?」


四天王(水)「あ、はい...すみません。少し疲れてて」ビシャー


46: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:55:43.96 ID:05exMdu/o

雪女「ありがとうございます。ふっ...と、よし出来た」カチカチ

雪女「...もしかして何かありました?」


四天王(水)「べ、別に何も」


雪女「隠していても分かりますよ。水属性さんって結構顔に出ますし」


四天王(水)「...」カーッ


雪女「良かったら話してみてくれませんか?気が楽になるかもしれませんよ」


四天王(水)「...雪女さんには敵いませんね。分かりました」

四天王(水)「実は...今朝、辞めてきたんです。こことは別で働いてる職場を」


47: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:56:39.01 ID:05exMdu/o

雪女「へぇ、それまたどうして?」


四天王(水)「...方向性の違いとでも言いますか」


雪女「何かバンドの解散理由みたいですね。上司や同僚の方と合わなくなっちゃったんですか?」


四天王(水)「合わないというか、向こうが明後日の方向まで狂ってしまったというか、特にま...社長がもう本当にダメだったんですよ」

四天王(水)「この前なんて、ずっと赤字で余裕がないのに、会議用の机を焼き肉プレートに改造したりして」

四天王(水)「他にも監視カメラを無駄に100個以上取り付けたり、自爆ボタンを勝手に作ったり、オペラホールを作ってパイプオルガンを買ったり...」



雪女「とんでもない社長ですね」


48: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:58:18.07 ID:05exMdu/o

四天王(水)「もう付き合いきれなくなって...思いきって辞めました」

雪女「それは大変でしたね...辞める時にその社長さんは何か言ってたんですか?」

四天王(水)「それはもう、子供みたいに駄々こねて止めてましたよ。行くな行くなって」

雪女「...ふふっ。水属性さんはとても大事に思われてたんですね」


四天王(水)「...そんなことないです。きっと今頃は空いた私の席を埋めるために、面接でもやってるはずです」


雪女「どうでもいい人が抜けるなら、そんな必死になって止めることはないと思いますよ」

雪女「...水属性さんも、その人達のことを嫌いじゃなかったんじゃないですか?話を聞いてると、愚痴というより昔話を聞いてるようで」


四天王(水)「...」


49: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 05:59:11.24 ID:05exMdu/o





魔界神「あっ!もしもし?寿司特上10人前で!あとピザもよろしくゥ!」



竜娘「美味い!めっちゃ美味いなこの寿司!」パクパク



魔界神「もっと食え食えガハハハハ!!!!歓迎会なんだから豪勢に行かないとなぁ!!!!」

魔界神「あ、魔王!ビール切れたから持ってきてぇ!」



魔王「無駄遣いしないでって言ったのに...」シクシク


50: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 06:00:12.50 ID:05exMdu/o

四天王(水)(これで...本当に...)


雪女「私も家族とは時々喧嘩しますが、最終的には仲直りします。水属性さんも、そんな感じで辞めるって言っちゃったんじゃないですか?」

雪女「もしそうなら...すぐその会社に行った方がいいかもしれません。今なら間に合いますよ、きっと」


四天王(水)「...」


雪女「って、ごめんなさい。水属性さんの気持ちも知らずにぺちゃくちゃと、忘れてください」


四天王(水)「...いえ、ありがとうございます。おかげでやっと自分の気持ちに気付けました」

四天王(水)「少し席を離れてもいいですか?用事を思い出してしまって」


51: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 06:01:13.23 ID:05exMdu/o

雪女「はい、大丈夫ですよ。店長には私が伝えておきますから」

四天王(水)「ありがとうございます!」ダッ






四天王(水)(やっぱり...私には...あそこしか...)

四天王(水)(どれだけ間違っていても、どれだけ歪んでいても...あの頃からの想いは変わらない)

四天王(水)(子供みたいって笑われてもいい。今も昔も、私が憧れていたのはあの方々)


四天王(水)(私は...魔界が好きなんだ)

四天王(水)(魔界神様もきっと...!)


52: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 06:01:56.45 ID:05exMdu/o

ダダダダッ



ガチャ

バンッ



四天王(水)「魔界神様!私はっ...!」







魔界神「いえええええええええい!!!!!!!焼き肉パーティーの時間だああああああああ!!!!!」

竜娘「ふおおおおおおぉおおおおおおおおお!!!!!!!」






四天王(水)「」


53: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 06:03:01.02 ID:05exMdu/o

魔界神「新四天王の誕生を祝って乾アアアアアアアア杯イイイイイイイ!!!!!!」

竜娘「かんぱああああああああい!!!!」




カンッ♪




四天王(水)「え、え...な、なんですか...このどんちゃん騒ぎは...新四天王...?」

魔王「あっ...み、水属性さん?どうしてここに」

四天王(水)「ま、魔王様...なんですかこれ?ま、まさか魔界神様の隣のアホ面って...私の代わりの四天王?」

魔王「い、いやこれにはワケがあって...その...」アセアセ



四天王(水)「...」

四天王(水)「」ブチッ


四天王(水)「...!!!!」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ


54: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 06:04:20.64 ID:05exMdu/o

ザッパアアアアアアアアアアアアアアアアアアン!!!!!!!!!!!!!!



魔界神「ぶへっ!?」ドンッ

竜娘「ぼうっ!?」ドザッ



魔界神「な、なにこれ!?なんでこんなところに津波が...!誰か助けてええええええええ!!!!!」ブクブク

竜娘「な、なんで私までええええええええええええ!!!!!!」ブクブク





四天王(水)「ふふ...ふふふふ...」

四天王(水)「みんな溺れて死ねばいいんですよおおおおおおおおお!!!!!!」


魔王「あーあ...どうしてこんなことに...」






おわり


55: ◆gqUZq6saY8cj 2017/03/01(水) 06:05:45.58 ID:05exMdu/o

おわりです
水属性の勇気が魔界を救うと信じて


57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/01(水) 10:54:02.94 ID:ixJhq9HlO

おもしろかった


58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/01(水) 16:54:42.71 ID:7bwx/6RdO

こういう掛け合いって寒くなるの多いけど、これは面白かった


59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/05(日) 11:20:06.94 ID:t4KK0GMH0

破れよ辞表




掲載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488312838/
関連記事

コメント欄

プロフィール

amnesia

Author:amnesia
ゆっくりまったり見ていってください( ´▽`)


相互リンクrss大歓迎




Twitterやってます( ̄▽ ̄)

トップ絵紹介

新規キャンバス (1) ぽむ様より頂きました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お知らせ (3)
未分類 (23)
アイドルマスター (1112)
悪魔のリドル (44)
Another (21)
甘城ブリリアントパーク (3)
インフィニット・ストラトス (77)
アルドノア・ゼロ (11)
オリジナル (1469)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (6)
終わりのセラフ (12)
空の境界 (3)
ガールズ&パンツァー (435)
ガールフレンド(仮) (14)
艦隊これくしょん (1451)
ガンダムビルドファイターズ (4)
きんいろモザイク (64)
黒子のバスケ (11)
けいおん! (119)
コードギアス (42)
ご注文はうさぎですか? (270)
冴えない彼女の育てかた (15)
咲-Saki- (659)
桜Trick (6)
シドニアの騎士 (3)
SHIROBAKO (23)
STEINS;GATE (75)
ジョジョの奇妙な冒険 (89)
進撃の巨人 (261)
新世紀エヴァンゲリオン (115)
涼宮ハルヒの憂鬱 (276)
生徒会役員共 (16)
ソードアートオンライン (35)
たまこまーけっと (2)
ダンガンロンパ (191)
中二病でも恋がしたい (6)
とある魔術の禁書目録 (180)
NARUTO (68)
ニセコイ (30)
のんのんびより (40)
化物語 (42)
はたらく魔王さま! (2)
氷菓 (37)
Fate/stay night (101)
Fate/Zero (43)
Fate/EXTRA (1)
ペルソナ3 (7)
ペルソナ4 (14)
BLEACH (16)
僕は友達が少ない (9)
ポケモン (42)
魔王・勇者 (342)
魔法科高校の劣等生 (22)
魔法少女まどか☆マギカ (376)
みなみけ (28)
ミリマス (289)
モバマス (3569)
名探偵コナン (174)
めだかボックス (5)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (437)
結城友奈は勇者である (68)
ゆるゆり (386)
ラブライブ (1720)
リトルバスターズ! (91)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (4)
ひなビタ♪ (38)
響け!ユーフォニアム (15)
グリザイアの果実 (3)
がっこうぐらし (22)
干物妹!うまるちゃん (21)
幸腹グラフィティ (2)
Charlotte(シャーロット) (5)
食戟のソーマ (21)
Fate/GrandOrder (74)
天体のメソッド (4)
ヒーローアカデミア (7)
月刊少女野崎くん (45)
ハナヤマタ (4)
魔法使いの夜 (1)
蒼穹のファフナー (8)
うたわれるもの (1)
だがしかし (16)
グラブル (16)
東京喰種 (1)
ゴッドイーター (3)
甲鉄城のカバネリ (5)
キルラキル (4)
ラブライブ!サンシャイン!! (2)
working (1)
NEWGAME! (14)
君の名は。 (4)
ペルソナ5 (12)
マギ (1)
マクロスΔ (2)
ストライクウィッチーズ (3)
ブレイブウィッチーズ (8)
Re:ゼロから始める異世界生活 (2)
フリップフラッパーズ (1)
小林さんちのメイドラゴン (9)
ガヴリールドロップアウト (151)
けものフレンズ (34)
鉄血のオルフェンズ (8)
ファイアーエムブレム (4)
バンドリ (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
グラップラー刃牙 (1)
アクセスランキング
フリーエリア
アマゾンランキング
Powered by amaprop.net
タグクラウド

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
Powered by amaprop.net
全記事表示リンク