萩村スズ「はあ……もうイヤ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/31(金) 02:38:23.79 ID:f3wYUocPO

注意

これは萩村スズ×私が考えたオリキャラのSSです
オリキャラとかキモいありえない!という方は読まない方がいいかと思われます



スズ「毎日牛乳飲んだり背伸びしたりしてるのに、ちっとも伸びない」

スズ「この幼児体型のまま大人になっちゃうのかしら・・そんなの絶対イヤ!!」

スズ「とりあえず今日も牛乳飲もう。・・っと。あ、相変わらず牛乳のボタンは位置が高いわね・・でも、これしきっ」



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/31(金) 02:39:49.56 ID:f3wYUocPO

チョン・・

スズ「ん?」

男「あっ・・」

スズ(・・・・なんか図書館でよくありそうでないシチュエーションだわ・・)

男「ごご、ごめんなさいっ」パッ

スズ「いえ、別に・・大丈夫」

スズ(男の子・・よね。にしてはずいぶん小さいけど)

男「牛乳ですよね?先どうぞっ!」

スズ「あ、ありがとう、それじゃ・・」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/31(金) 02:43:18.70 ID:f3wYUocPO

スズ(・・って、また必死につま先立ちしてボタン押さなきゃならないじゃない!さっきはあと少しだったのに!くっ・・)

男「・・」

スズ「くっ・・くくうっ・・」プルプル

ピッ ガコン

スズ「!!」

男「はいどうぞ、牛乳」

スズ「・・・・あ」




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/31(金) 02:46:16.86 ID:f3wYUocPO

男「あっ、ごめんなさい!もしかして余計なことしちゃいました?」

スズ「・・う、ううん。あ、ありがとう」

男「そうですか。よかった。・・あ、俺も牛乳買わなくちゃ」

スズ「そ、それじゃ」

男「はい」


スズ(変わった子だったわね・・)





5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/31(金) 02:48:55.80 ID:f3wYUocPO

次の日の休み時間

轟「スズちゃ~ん飲み物買いに行こう」

スズ「うん」


スズ(あ、あれは・・昨日の男の子)

轟「?どうしたのスズちゃん」

スズ「・・う、ううん、なんでも」

男「・・・・」ピッ ガコン

スズ(また牛乳買ってる・・)



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/31(金) 02:50:15.01 ID:f3wYUocPO

男「・・!」ペコッ

スズ「!・・あ、」

ネネ「ん、なに?スズちゃん」

スズ「行っちゃった・・」

ネネ「ええっ!?スズちゃんイッちゃったの!?」

スズ「ちがう。・・なんでもない」

ネネ「そっかー。さあ、スズちゃんは今日も牛乳だよね、がんばって!!」

スズ「くおおおおおぉぉ・・」プルプル


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/31(金) 22:16:02.48 ID:LqGHV+ncO

スズ「すっかり遅くなっちゃった。急いで帰らなくちゃ・・ん?鉄棒の所にまだ誰かいるわね。注意しなくちゃ」

男「くっ・・ぐむむ・・」

スズ「ちょっとそこのアナタ!もう下校時刻すぎてるわよ、すぐに帰・・」

男「えっ!あ、わ、わぁっ!!」

ドテッ

男「あいててて・・」

スズ「ちょ、ちょっと、大丈夫!?って、あ、あなたは・・」

男「あ・・」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/31(金) 22:16:49.67 ID:LqGHV+ncO

スズ(ほんと最近この子によく遭遇するわね。なんなのかしら・・)

男「ご、ごめんなさい。夢中になってて気づかなくて・・」

スズ「なにをしていたの?こんな所に1人でぶら下がって」

男「えっ!いや、その・・なんていうか・・ちょっと恥ずかしい理由なんですけど・・笑わないでもらえますか?」

スズ「笑わないわよ。なに?」

男「・・・・背を伸ばそうとしてたんです」

スズ「へっ?背?」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/31(金) 22:17:30.65 ID:LqGHV+ncO

男「僕見てわかる通りちっちゃいでしょう?」

スズ「ま、まあ・・男子としてはちっちゃいわね」

男「だから鉄棒にぶら下がってたら背が伸びないかなと思って」

スズ「またずいぶん原始的な方法ね・・」

男「いやあ恥ずかしいなあ。それに、牛乳買ってるところも見られちゃったし」

スズ「あ・・」

スズ(覚えてたんだ・・)


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/31(金) 22:18:30.92 ID:LqGHV+ncO

男「僕実はお腹弱くて牛乳苦手なんですけど、背伸ばすために毎日飲んでるんです」

スズ(・・私も)

男「でもこんなことしててもムダかもなあ。もう高校生だし、子どもの頃からずーっと小さかったから、今更伸びたりしないですよね」

スズ「・・・・」

男「もうやめますこんなこと。注意されちゃったし、ちょうどいいや」

スズ「・・そんなことないわよ」

男「え?」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/31(金) 22:19:06.47 ID:LqGHV+ncO

スズ「確かに牛乳飲もうが鉄棒にぶら下がろうが背が伸びる保証なんかないわよ。でも、やらないよりはずっといいわよ」

男「でも・・」

スズ「よく言うでしょう。やらずに後悔するよりやって後悔しろって。ここで諦めたらあなたはこれから先ずーっとコンプレックスを抱えて生きることになるのよ」

男「・・・・」

スズ「それに、私も同じだから」

男「え?」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/31(金) 22:19:55.65 ID:LqGHV+ncO

スズ「私もあなたと同じよ。鉄棒にはぶら下がってないけど、毎日必死に牛乳飲んだりしてるわ。背を伸ばす為に」

男「ええっ!!そうだったんですか。だから牛乳を・・。でも、いいじゃないですか。先輩は女の子なんだから、小さくても」

スズ「他の誰がなんと言おうと私は嫌なの!私は私の理想の私になりたいの。その為にはなんでもやってみせるわ。それにたとえ伸びなかったとしても、後で努力すればよかったと後悔しない為に私は今頑張っているの」

男「・・・・」

スズ「あなたはどうするの?ここで諦める?」

男「・・!いえ、やる、やります!ありがとうございます、なんだかやる気が出てきました!!」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/31(金) 22:20:50.19 ID:LqGHV+ncO

スズ「そ、そう。それはよかったわ」

男「・・あの、嫌かもしれないですけど、ひとつお願いしていいですか?」

スズ「ん、なに?」

男「よかったら先輩も、これから一緒に鉄棒にぶら下がりませんか?」

スズ「へ!?」

男「1人でただぶら下がってるのってすごく退屈で、さみしくて・・。こんなこと友達も付き合ってくれないし」

スズ「・・・・」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/31(金) 22:22:35.94 ID:LqGHV+ncO

男「嫌、ですか?」

スズ「はぁっ・・しょうがないわね」

男「えっ!そ、それじゃあ」

スズ「またこうやって下校時刻破られても困るしね。付き合ってあげるわよ。監視もかねて」

男「あっ・・ありがとうございます!が、頑張りましょうね!」

スズ「ほどほどにね。・・ところで今更だけど、あなた名前は?」

男「あっ、僕ですか?僕は一年の金沢カズキといいます!よろしくお願いします!」

スズ「カズキくん、ね。私の名前は・・」

カズキ「萩村スズ先輩ですよね?知らないわけないじゃないですか!先輩有名人ですもん」

スズ「へ、へえ・・有名人?ど、どんな風に?(まあ、桜才一の天才少女と話題になっても仕方ないわね・・)」

カズキ「生徒会には飛び級してきた10歳の天才児がいるって、一年の間では評判ですよ・・って、痛っ!!な、なんで殴るんですかあ~!?」

スズ「な・ん・と・な・く・よ!!」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/31(金) 22:24:12.79 ID:LqGHV+ncO

生徒会室にて

シノ「萩村は今日も牛乳か」

スズ「ええ、まあ」チュー

タカトシ「俺牛乳飲んだらすぐ腹壊しちゃうんで苦手なんですよね」

アリア「スズちゃん、下痢便プレイにでもハマってるの?気持ちいいよね~。わかるよ~」

スズ「違います」チュー



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/31(金) 22:24:54.73 ID:LqGHV+ncO

教室にて

轟「ええっ!?スズちゃんがぶら下がってる肉棒を毎日握りしめてる!?」

スズ「違うわよ。鉄棒よ鉄棒」

轟「ああー!鉄棒にこすりつけるのは気持ちいいよね~。わかるよ~」

スズ「もうなんでもいいや」



26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/31(金) 22:26:58.89 ID:LqGHV+ncO

スズ「くっ・・ふむむむむ・・」プルプル

カズキ「ううう・・くくうっ・・」プルプル

スズ「・・ぷはあっ!も、もう限界!」パッ

カズキ「ぼ、僕はまだまだいけますよ。へへっ」

スズ「むむぅ・・・・」


次の日の昼休み

スズ(あ、あれは・・カズキくん?)

スズ(昼休みにもぶら下がってるんだ・・)

スズ(・・・・)


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/31(金) 22:30:52.51 ID:LqGHV+ncO

スズ「はぁーっ疲れた。きゅうけい」

カズキ「僕も、ちょっと休みます」

スズ「ふぅ・・」

カズキ「あ、聞いてくださいよスズ先輩!!僕、昨日から牛乳の数2本に増やしたんですよ!!おこづかいがちょっとキビしいけど、そんなこと気にしません!背を伸ばすためなら!」

スズ「・・ねえ、聞いてもいい?」

カズキ「え、な、なんでしょう?」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/31(金) 22:31:36.05 ID:LqGHV+ncO

スズ「どうしてそんなに頑張るの?焚きつけたのは私かもしれないけど、あなたちょっと頑張りすぎよ。昼休みにまでぶら下がってるの、見たわよ」

カズキ「あ・・。み、見られちゃってました?えへへ、恥ずかしいな」

スズ「どうしてそんなに背を伸ばしないの?あなたには何か目的があるような、そんな気がするの」

カズキ「・・・・」

スズ「話したくないんなら、話さなくていいけど・・」

カズキ「・・この前、話しましたよね。僕、昔からずっと小さかったって」

スズ「う、うん」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/31(金) 22:32:12.41 ID:LqGHV+ncO

カズキ「僕、なんにも取り柄がない上この身体だから、いつもバカにされてきたんです」

スズ「・・・・」

カズキ「この学校に入ってもそれは変わらなくて。毎日イジられてるけど、本当は嫌なんです。なんとかして見返したいってずっと思ってました」

カズキ「そんな時に、球技大会でバスケに出ることが決まったんです。当然、勝手に。皆勝ち負けなんてどうでもいいから、バスケに僕を出して笑いものにしたいんですよ」

スズ「・・・・」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/31(金) 22:32:52.27 ID:LqGHV+ncO

カズキ「でも、僕は嫌だ。僕だって男なんだ。バカにされたままいつまでも黙っていられませんよ。あいつらの期待を裏切って、バスケで大活躍して見返してやろうって誓ったんです」

スズ「・・その為に、バスケで活躍する為に背を伸ばそうと?」

カズキ「はい!!」

スズ「・・あのねカズキくん。あなたに2つ言いたいことがあるわ」

カズキ「?なんでしょう」


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/31(金) 22:33:42.14 ID:LqGHV+ncO

スズ「球技大会って、いつあると思う?」

カズキ「そんなのもちろん知ってますよ!!今からちょうど一ヶ月後くらいですよね!」

スズ「そう。その通り・・つまり私の言いたいことは・・」

スズ「いくらなんでもたかが一ヶ月で背が急激に伸びるワケあるかああああああーーーっっ!!!」

スズ「そしてそんなことをする位ならバスケの練習した方が何百倍もマシだあああああああーーーっっ!!!」

カズキ「ごご、ごめんなさあ~~いっ!!!」


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/31(金) 22:36:37.25 ID:LqGHV+ncO

アリア「と、いうわけで、皆で楽しくバスケットだあ~~!」

カズキ「よ、よろしくお願いします!」

出島「お嬢様はバスケの才もおありです」

シノ「玉遊び、いや球遊びもたまにはいいものだな!!」

タカトシ「どうでもいいけど七条先輩は当たり前のように体育館もお持ちなんですね」

スズ「よろしくお願いします七条先輩。みっちりしごいてあげて下さい。この子」


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/31(金) 22:37:13.10 ID:LqGHV+ncO

アリア「んー、スズちゃんに頼まれちゃしょうがないなあ~。ちょっと恥ずかしいけど、私やっちゃうよ!えっとカズキくんだっけ?」

カズキ「はい!」

アリア「とりあえずパンツ脱いでもらえるかな!」

カズキ「は?」

アリア「ん~?自分から脱ぐのは恥ずかしいのかな?しょうがないなあ、私が脱がせてあげ・・」

スズ「やっ、やめてください先輩!!」

タカトシ「しごくってソッチの意味じゃないから!!」


37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 00:40:36.16 ID:NXRKymt2O

アリア「いや~早とちりしちゃってごめんね。じゃあ、まずはシュートの練習からやってみよう!!」

スズ(やっぱり七条先輩に頼んだのは間違いだったかも・・)

アリア「カズキくん、そこの線に立ってシュートしてみて?」

カズキ「分かりました!!よーっし・・・・それっ!!」シュッ

カズキ「あ、あれ?全然届かないや・・くそっ!!」ブンッ



38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 00:41:30.69 ID:NXRKymt2O

アリア「あ~、ダメだよそんなフォームじゃ。力任せに投げたってボールは思った通りには飛ばないよ。力を抜いて?フォームはこうだよ」ムニュ

カズキ「せせせせせ先輩っ!!ちち、近いですっ、それに、せ、背中になんか当たって・・」

スズ「は、離れてください先輩っ!!」

アリア「口で説明するのは難しいんだよー」


シノ「・・しかし、萩村はどうしたんだろうな。急に一年の男子を連れてきてこの子をバスケで鍛えてください、なんて」

タカトシ「さあ。でも俺も球技大会でバスケやるんでちょうどよかったですよ」

シノ「津田もやはり玉遊びが好きなのか」

タカトシ「もうめんどくさいからうんって言っておくよ」


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 00:48:02.83 ID:NXRKymt2O

カズキ「はぁ、はぁ・・それっ!!」シュッ ガコン

カズキ「やった!入った!」

アリア「うん、大分シュート上手くなったね」

スズ(運動神経は元々悪くないみたいね)

出島「みなさん、そろそろお昼にしませんか」

アリア「あ、そうだね」

シノ「お腹空いたなあー。出島さんのお弁当楽しみだ」



40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 00:49:18.95 ID:NXRKymt2O

タカトシ「どれどれ・・」パカッ

シノ「こ、これは・・」

タカトシ「に、にぼししか入ってないじゃないですか!!」

出島「カズキ様は身長を伸ばされたいということなので、微力ながら私もお手伝いを」

スズ「そ、そうは言ってもこれは・・」

出島「飲み物は当然牛乳です。新鮮で美味しいですよ」

タカトシ「うう・・」


41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 00:51:54.48 ID:NXRKymt2O

カズキ「ごご、ごめんなさいみなさん。僕のせいでこんな・・」

シノ「いや、たまにはこんなのも悪くないだろう。現代人にはカルシウムが不足していると言うしな」

アリア「シノちゃんは特に不足してるよね。胸に」

シノ「なにか言ったかアリア?」ギロッ

アリア「んーん。なんにも。にぼし美味しいね~」ポリポリ

スズ(この際たくさん食べておこう)ポリポリ

出島「ささ、カズキ様。どんどんいっちゃってください」

カズキ「むぐぐぐぐ・・が、がんばりまふ・・」


42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 00:56:25.26 ID:NXRKymt2O

一ヶ月後 最後の練習日

カズキ「ハァッハァッ・・ふっ!!」ザザッ

アリア「抜かれた!?くっ・・」

カズキ「うおおおおっ!」シュッ ガコン

タカトシ「やったー!決まった!!」

スズ「すごい!!」

アリア「やられちゃったよー」




43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 00:58:33.77 ID:NXRKymt2O

カズキ「いえ、先輩の今までの指導のおかげですよ!」

シノ「それにしたって、本当に上手くなったぞカズキ」

アリア「うん。まさかたった一ヶ月で私が敵わなくなるとは思わなかったよ」

カズキ「ありがとうございます・・。でも、ひとつ問題が」

シノ「うん?なんだ?」


44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:00:19.48 ID:NXRKymt2O

カズキ「練習では先輩方とやっているからボールを奪ったり出来ましたけど、本番では男子と試合するんですよ」

アリア「あっ・・そっか」

カズキ「先輩達は女性だから僕との身長差はあまりないけど、男子の中ではホントに僕は埋もれるくらいに小さいんです。果たして、そんな中で練習みたいに活躍出来るか・・」

スズ「大丈夫よ!!!」

カズキ「え・・スズ先輩?」


45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:01:50.58 ID:NXRKymt2O

スズ「あんたは大丈夫よ、出来る!!この一ヶ月必死に頑張ったじゃない!!あんたのことをバカにするダラけた連中なんかに負けるわけないわ!!」

カズキ「スズ先輩・・」

スズ「負けたら許さないわよ。絶対に勝ちなさい!!約束よ!!」

カズキ「ハ、ハイ!!約束します!!」

アリア「なんだか私たち蚊帳の外だねー」

シノ「これが青春というやつか」


46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:06:04.63 ID:NXRKymt2O

球技大会 当日

タカトシ「いやー、今日も忙しいですね。仕事やったり自分達の試合に出たり」

アリア「津田くんバスケだったんだよね、どうだったの?」

タカトシ「あっさり負けました」

アリア「あらら」

スズ(もう、カズキの試合が始まってる頃かな・・)


47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:06:33.60 ID:NXRKymt2O

シノ「バスケといえばカズキは頑張っているだろうか」

アリア「活躍出来てるといいねえ」

タカトシ「まあ俺たちはスケジュールが詰まってますから応援には行けませんけどね」

スズ「・・・・」

シノ「どうした萩村?先ほどからうわの空だが」

スズ「えっ?い、いえ、なんでもありません・・」


48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:07:34.42 ID:NXRKymt2O

シノ「・・気になるんだろう?カズキが」

スズ「!!」

シノ「みなまで言うな。お前の気持ちはわかっている」

アリア「スズちゃんわっかりやすいからねえー」

スズ「な、ななな、な・・」

タカトシ「ん?なんの話ですか?」

シノ「お前は黙っていていいぞ津田。・・・・萩村。行ってこい」


49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:08:57.98 ID:NXRKymt2O

スズ「っ!で、でも、仕事が・・」

シノ「それくらい我々に任せろ。今萩村がやるべき仕事は、カズキを応援することだ」

スズ「会長・・」

シノ「行ってこい。我々の分まで彼を応援してくるんだ」

スズ「・・・・ありがとうございます!!」タタッ


50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:11:40.17 ID:NXRKymt2O

シノ「うむ・・我ながらいい言葉が出たものだ」

タカトシ「あの~、さっぱり状況がわからないんですけど、萩村どこに行ったんですか?萩村の仕事は?」

シノ「お前に任せたぞ津田」

タカトシ「ええっ!!な、なんでですかあっ!!」


アリア(がんばれ、スズちゃん。カズキくん可愛かったからちょっともったいないケド)

アリア(でも、スズちゃんと並んでた方がもっと可愛いからしょうがないか)


51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:14:49.03 ID:NXRKymt2O

スズ「はぁ、はぁっ・・今は体育館で試合してるハズ・・・・カズキ!!」バンッ

スズ(はぁはぁ・・カズキはどこで試合を・・いた!あそこ!)

スズ(34対32・・負けてる!!残り時間もあとわずか・・でも3ポイントを決めれば逆転出来る!!)

スズ「ちょっと、ちょっとどいて!!」ダダッ

カズキ「ハァッ・・ハァッ・・」


52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:15:38.74 ID:NXRKymt2O

生徒「カズキの奴がんばってんなあー」

生徒「他の奴らがやる気ねえからあいつ1人であれだけ点取ったんだぜ。すげえよ」

生徒「でももうダメっぽいなー。時間ないし、このまま相手の逃げ切りだな」

スズ(カズキッ・・)

カズキ(ハァッハァッ・・くそっ、もうダメだ・・あと少しだったのに・・)

カズキ(ごめんなさいスズ先輩。約束、守れなくて・・)


53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:16:26.44 ID:NXRKymt2O

スズ「・・ッ!!」

スズ「なにやってんのよあのバカ・・」

スズ「・・ッッカァズキィィィィィィーーーーー!!!まけんなああああーーーー!!」

カズキ「!!!」

生徒「うおっ、びっくりした!!」

スズ「なにうなだれてんのよっ!!まだ試合は終わってないわよ!!約束忘れたの!?絶対に勝ちなさい!!」


54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:17:45.40 ID:NXRKymt2O

カズキ「スズ・・せんぱい・・」

スズ「あんなにたくさん練習したでしょう!?その事を思い出して!!」

カズキ「・・・・」

スズ「背すじ伸ばしなさいっっっ!!!このチビッッ!!!」

カズキ「!!!」

カズキ「・・っ!!」ダダッ


55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:22:15.61 ID:NXRKymt2O

相手チームA「うおっ、まだ動けるか、コイツ・・」

相手チームB「なーに、ヘロヘロだ。ボールは奪えやしねえ!!」

カズキ「うおおおおおーーっっ!!」ダダッ

相手チームA「なっ・・はええっ!!こいつどこにこんなチカラが・・くそっ!!」

相手チームC「ああっ、ボールを奪われた!!」

相手チームB「へん!つってもあいつのゴールはこっから遠い!!そして試合は後10秒!!このまま終わりだ!!」


56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:23:02.28 ID:NXRKymt2O

カズキ「・・・・」スッ

相手チームA「なっ・・構えた!?まさか・・」

スズ「カズキイイイィィーー!!いけえええぇーーー!!」

カズキ「うおおおおおおおおおおおーーーーー!!!!!」バッ


パサッ・・・・


57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:24:19.22 ID:NXRKymt2O

相手チームA「あ・・」

生徒「はっ・・入ったあああああーーー!!カズキが逆転だああああーー!!」

ブブーッ

生徒「そしてここで試合終了ーーー!!」

相手チームB「ま、まさか、そんな・・」

相手チームC「くそっ・・!!なんてこった!!」

スズ(カズキ・・やった!!)

カズキ「ハハッ・・やった、僕やったよ、スズ先輩・・」ドサッ

生徒「あっ、カズキが倒れた!!」

生徒「おいおい大丈夫か!?」


58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:26:11.96 ID:NXRKymt2O


カズキ「・・・・」

スズ「カズキ・・」

カズキ「あ、スズ先輩」

スズ「ここにいるんじゃないかって、思った」

カズキ「はい・・ここは僕にとって忘れられない場所ですから。スズ先輩との大切な思い出の場所です」


59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:26:41.91 ID:NXRKymt2O

スズ「ななっ、なにを言ってんのよっ!!」

カズキ「あはは・・」

スズ「ま、まったく・・」

カズキ「・・ありがとうございました」

スズ「え?」


60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:27:28.75 ID:NXRKymt2O

カズキ「スズ先輩のおかげです。もうダメだって思った時、スズ先輩の応援で目が覚めました。僕が最後のシュートを決められたのは、スズ先輩のおかげです」

スズ「そ、そう・・」

カズキ「すごかったですよー先輩。おっきな声で『カズキイイイィィー!!』なんて叫んでて」

スズ「あっ、あれはっ・・!!アンタがあんまりにも諦めたような顔してるからっ・・ああもう恥ずかしい!!私なんであんなコトを・・うぅ・・」

カズキ「あはははは・・・・」


61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:30:51.79 ID:NXRKymt2O

スズ「・・ありがとう」

カズキ「え?」

スズ「約束、まもってくれて。勝ってくれて」

カズキ「そ、そんな・・僕が勝てたのは全部先輩のおかげで・・練習させてくれたり、応援してくれたり。だからそんな、お礼なんて」

スズ「あんたは、ちっちゃくなんかないよ」


62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:32:05.10 ID:NXRKymt2O

カズキ「え・・・・」

スズ「今日のあんたは、私には誰よりも大きく見えたよ。最高にカッコよかった。もう、無理に背を伸ばそうとしなくたっていいの。背が低いからって誰もあんたをバカにしたりしない。もしいたら、私がぶん殴ってやるわよ」

カズキ「先輩・・」

スズ「それに、ちっちゃいって言ってもさ・・」

ギュッ・・


63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:32:44.43 ID:NXRKymt2O

カズキ「えっ、ええええええっっ!!あ、あのせんぱい、こここ、コレは・・」

スズ「私より、ずっと大きいじゃないの」

カズキ「せん・・ぱい・・」

ギュッ・・

スズ「・・・・」

カズキ「・・・・ねえ、スズ先輩?」

スズ「なに・・?」


64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:33:40.36 ID:NXRKymt2O

カズキ「先輩はさっきもう無理に背を伸ばさなくていいって言ってくれましたけど、僕はこれからもこの鉄棒に来ますよ」

スズ「どうして・・?」

カズキ「だってここは僕とスズ先輩の2人だけの特別な場所だから。ね?」

スズ「・・・!!バカッ!!」ドンッ

カズキ「あはははは、痛いなぁ。・・で、スズ先輩はどうするんですか?背を伸ばすの、やめるんですか?ここに来るの、やめちゃうんですか?」


65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:34:13.28 ID:NXRKymt2O

スズ「・・やめるもんかっ!!絶対やめないっっ!!」

カズキ「よかった・・。ねえ、先輩?もう下校時刻とっくに過ぎちゃってますよ」

スズ「うん・・」

カズキ「・・怒らないんですか?」

スズ「・・・・今日だけ、とくべつよ・・」

カズキ「そっか・・それはよかった・・」


66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:35:25.45 ID:NXRKymt2O


シノ「さて。もうこんな時間か。帰らなくてはな」

アリア「まだ校内にいる人に注意してこなくちゃね」

タカトシ「かったるいなあ・・」

スズ「あの、私は・・」

シノ「ああ。いつも鉄棒にいる彼には萩村が注意しに行ってくれ。・・言っておくが、くれぐれも遅くならないようにな」

スズ「な、なに言ってるんですか!!もうっ!!」バタバタ


67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:36:13.78 ID:NXRKymt2O

タカトシ「じゃ、俺たちも行きましょうか」

シノ「ああ」


アリア「・・・・あ」

スズ「くぬううううっ・・」プルプル

カズキ「くおおおおおぉっ・・」プルプル

アリア「・・ふふっ」

アリア「やっぱりカワイイなぁ、あのふたり」



おしまい


68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:39:58.16 ID:NXRKymt2O

と、いうことで終わりです。読んでくださった方ありがとうございました。
今回はこれで終わりですが付き合った後の話も考えているので頭の中で形がまとまったらまたスレを立てようと思います。
スレタイはおそらくまた『萩村スズ「」』という感じになると思います。
またスレを立てた時にはよろしくお願いします。
ありがとうございました。


72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 07:54:04.89 ID:PkyDYNYHO

スズ厨発狂ものだなこれ


75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/03(月) 19:45:27.35 ID:xPjSuk5mO

タカスズ厨の発狂ぶりが笑えるな
次回のスレ立ても楽しみにしてるぞカズキ




掲載元:http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1438/14382/1438277903.html
関連記事

コメント欄

プロフィール

amnesia

Author:amnesia
ゆっくりまったり見ていってください( ´▽`)


相互リンクrss大歓迎




Twitterやってます( ̄▽ ̄)

トップ絵紹介

新規キャンバス (1) ぽむ様より頂きました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お知らせ (3)
未分類 (23)
アイドルマスター (1112)
悪魔のリドル (44)
Another (21)
甘城ブリリアントパーク (3)
インフィニット・ストラトス (77)
アルドノア・ゼロ (11)
オリジナル (1470)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (6)
終わりのセラフ (12)
空の境界 (3)
ガールズ&パンツァー (435)
ガールフレンド(仮) (14)
艦隊これくしょん (1451)
ガンダムビルドファイターズ (4)
きんいろモザイク (64)
黒子のバスケ (11)
けいおん! (119)
コードギアス (42)
ご注文はうさぎですか? (270)
冴えない彼女の育てかた (15)
咲-Saki- (659)
桜Trick (6)
シドニアの騎士 (3)
SHIROBAKO (23)
STEINS;GATE (75)
ジョジョの奇妙な冒険 (89)
進撃の巨人 (261)
新世紀エヴァンゲリオン (115)
涼宮ハルヒの憂鬱 (276)
生徒会役員共 (16)
ソードアートオンライン (35)
たまこまーけっと (2)
ダンガンロンパ (191)
中二病でも恋がしたい (6)
とある魔術の禁書目録 (180)
NARUTO (68)
ニセコイ (30)
のんのんびより (40)
化物語 (42)
はたらく魔王さま! (2)
氷菓 (37)
Fate/stay night (101)
Fate/Zero (43)
Fate/EXTRA (1)
ペルソナ3 (7)
ペルソナ4 (14)
BLEACH (16)
僕は友達が少ない (9)
ポケモン (42)
魔王・勇者 (342)
魔法科高校の劣等生 (22)
魔法少女まどか☆マギカ (376)
みなみけ (28)
ミリマス (290)
モバマス (3572)
名探偵コナン (174)
めだかボックス (5)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (437)
結城友奈は勇者である (68)
ゆるゆり (386)
ラブライブ (1723)
リトルバスターズ! (91)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (4)
ひなビタ♪ (39)
響け!ユーフォニアム (15)
グリザイアの果実 (3)
がっこうぐらし (22)
干物妹!うまるちゃん (21)
幸腹グラフィティ (2)
Charlotte(シャーロット) (5)
食戟のソーマ (21)
Fate/GrandOrder (74)
天体のメソッド (4)
ヒーローアカデミア (7)
月刊少女野崎くん (45)
ハナヤマタ (4)
魔法使いの夜 (1)
蒼穹のファフナー (8)
うたわれるもの (1)
だがしかし (16)
グラブル (16)
東京喰種 (1)
ゴッドイーター (3)
甲鉄城のカバネリ (5)
キルラキル (4)
ラブライブ!サンシャイン!! (2)
working (1)
NEWGAME! (14)
君の名は。 (4)
ペルソナ5 (12)
マギ (1)
マクロスΔ (2)
ストライクウィッチーズ (3)
ブレイブウィッチーズ (8)
Re:ゼロから始める異世界生活 (2)
フリップフラッパーズ (1)
小林さんちのメイドラゴン (9)
ガヴリールドロップアウト (153)
けものフレンズ (35)
鉄血のオルフェンズ (8)
ファイアーエムブレム (4)
バンドリ (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
グラップラー刃牙 (1)
アクセスランキング
フリーエリア
アマゾンランキング
Powered by amaprop.net
タグクラウド

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
Powered by amaprop.net
全記事表示リンク